2013年01月25日

北京出張其の一 : 椅子張り

以前、当BLOGでデスクチェアの原寸クレーモデル製作をご紹介しましたが、
様々な過程を経て、ついに完成間近となりました!

先日、製品の完成度を確かめるために、北京市の製作工場を訪問してきました。
その出張時のことを今回ご紹介します。

北京市といえば、今月に入って大気汚染の報道が大々的にされていますね。
なんとも、人体に有害な粒子状物質の量が、安全なレベルの20倍以上に達しているようです。

ナショナルジオグラフィック公式日本語サイトのニュースを見ると、酷さが良く分かりますね。

そのような環境の中、マスク持参で現地を訪問してきました。

20130124-1.jpg

空港では見えていた青空も、市内移動中は写真の様なグレー味を帯びた空に。
写真右側の建築は、レム・コールハース氏が設計した中国中央電視台新本社ビル(CCTV本社ビル)です。
工場に到着する頃には、また少し青空が顔を出しました。

20130124-2.jpg

工場で担当者と打合せを済まし、早速チェアの張込み作業現場の確認へ。
今回のデスクチェアは、非常にシンプルな形状かつ3次元の曲面を持つ意匠のため、
縫製と生地張り作業が完成度を高める上で特に重要です。

プロトタイプ製作過程では、株式会社ミネルバさんのご指導を得て、
生地張りの完成度が一気に高まりました。

20130124-3.jpg

張込み作業を終えたチェア本体です。柔らかさとシャープさの両立を目指しました。
何人かに座っていただいたところ、座り心地も大好評です。
今回はホテルへの設置用として、耐久性のあるビニルレザーを張っています。

20130124-4.jpg

最終的には、この本体にキャスターレッグを装着し、完成形となります。
完成形は写真撮影後にご紹介しますので、乞うご期待下さい!

開発にあたりご指導・ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。